廃棄物の処理とリサイクルについて知ろう

日本では、高度経済成長期に発展や都市化とともに廃棄物が増加し、不適切な処理により衛生状態が悪化するという問題に直面していましたが、法制度などの改正により処理技術の向上や、施設設備が改善されました。

廃棄物増加を改善するために1990年代からリサイクルにも力を入れるようになり、日本特有のもったいない精神を今日まで大切にしてきたからこそ、リサイクルとリデュース、リユースの実践につながっています。

リサイクルできる物は分別し、可燃ゴミは焼却することで10分の一の体積に減少させられ、その過程で発生するエネルギーを温水や発電に利用されており、残った灰は埋め立てられるのです。

現在の日本のゴミ処理技術はトップクラスといっても過言ではなく、みんなが正しくゴミを分別して環境に貢献していきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=BuLSXpOtTaI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事