リサイクルのメリットとデメリットとは?

ゴミは分別するべき、資源は大切にしてビニール袋などは使わない、リサイクルを行うなどと教育されて実践してきた現代人ですが、現在ではその考えが間違いと言われているのです。

リサイクルとは、有限である資源の枯渇を防ぐ目的と、環境への負荷や破壊を減らすという目的がありますが、リサイクルのために資源を投入されることで、より環境を破壊してしまう場合もあります。

割り箸が環境に悪いと言われていたり、紙も再生紙を使ってリサイクルされていますが、日本の山は自然林と人口林がそれぞれ50%になっていますが、人工林は40年ごとに切らなければ治山治水ができず、逆効果になってしまうのです。

エコバックも環境を悪化しており、ポリエチレンという石油の有効活用は環境にとっては良いことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事