片付け収納を賢くする方法

今回はプロも実践していると言う、賢い収納の方法についてご紹介致します。

誰でも簡単に、面倒と感じずに無理せず出来る収納方法でないと部屋は散らかってしまいますので、賢く収納をするということは、「無理のない収納」の事を指します。

例えばちょっと空いた隙間がもったいないので、その隙間に突っ張り棒を並行にいれれば、それだけでちょっとした小物を置けるスペースになります。
一本だけでもS字フックをかけることで”吊るす収納”が完成します。

また日常的に使うものだったら、「どうせいつも使うし・・・」とその辺に出しておくと散らかしの元になってしまいますので、こうした物達は引っ掛けるだけの収納方法をおすすめします。
家具の脇谷扉の裏側などにフックを付けるだけですので、例えばカギやベルト、ネクタイ、折り畳み傘など、使用頻度の多い物を引っ掛けるだけで片付けられるので、これだけでも散らかることが少なくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事