子どもに片付ける習慣を身につけさせよう

将来、ゴミ屋敷を作ってしまうような人間に育てないためにも、幼い頃から片付けの習慣を身につけさせることが大切ですから、歩けるようになったら子どもに片付けを覚えさせましょう。

強く叱るのではなく、優しく促すことにより、オモチャを片付けられるようになりますので、遊びの時間が終わったら、まずはお母さんがお手本になり、今まで遊んでいたオモチャを籠の中に入れていき、仕舞う方法を覚えさせるのです。

子どもはお母さんに習ってオモチャを仕舞うようになり、他のオモチャも片付けるようになりますので、1度に一つのオモチャで遊ばせることで片付ける習慣を身に付けられるようになりますよ。

子どもが片付けやすいような籠や収納スペースを用意してあげることで、よりスムーズに片付けられるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です