片付けたいなら物を捨てよう

勿体なくて物が捨てられないという人も多いかもしれませんが、物を所有する場合には、あらかじめ数を決めておくことが大切であり、新しい物を購入したら古い物を必ず一つは捨てることが大切なのです。

物には必ず製作者の意図が組み込まれており、製作者が毎日使ってほしいという思いで作ったにも関わらず、毎日使用していなかったり、1年も使う機会が無かった物は、製作者の意図に反している使い方ですから、自分にとって不要な物なのです。

物には必ず何かしらの思い出が関わっているため、大切な人との思い出が詰まっている物は捨てにくいかもしれませんが、物を手に入れたとき時の気持ちの記録を付けたり、その物の写真を撮ることにより物を捨てても思い出を残すことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事